理想の住まいをゲットできる注文住宅|念密な相談が大切

デザイナーごとの工夫

インテリア

予算に応じて間取りやデザインを自由に決めることができるのが、注文住宅の魅力です。昔はその費用も高額となることから誰もが憧れたものですが、今ではコストの削減によって手軽に建てられるようになっています。秦野市でも様々な注文住宅が建設されていますが、特徴的なのはデザインが似通ったものが多いということです。正確にはハウスメーカーや工務店ごとに個性が出るわけですが、このデザインを規格化することでコストを大きく削減しているわけです。また秦野市でも増えているのは、3階建ての屋根がフラットなデザインです。外観を直線的にシンプルにすることで、材料費や施工費用を大幅に下げることができますが、断熱性や耐震性を高めるという効果もあります。

秦野市では注文住宅において、さほどデザインにはこだわらないケースが多く見られます。けれども中には、個性的なデザインを求める施主も当然います。そこで注意したいのは、あまりにデザインに関するこだわりを求めすぎると、住宅性能に支障をきたすということです。外壁は耐震における構造体の役割も果たすので、そのデザインによっては揺れに弱くなってしまいます。例えば採光を広く取るために窓を大きくするほどに、揺れに対する耐性が弱まってしまいます。あるいは窓の位置によってはねじれに弱く、ヒビが入りやすいことにもなりかねません。施主は一般的に建設に関しては素人なので、注文住宅のデザインを決める際には秦野市の地元の工務店のアドバイスをしっかりと受けることが大事です。